Q&Aサイトなどを見ると、他人名義

これまでに、交通事故を何回か起こしています。車
Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構あります。一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。



名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。
自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。そちらの支払いを終えていただき、名義を変更する必要があります。
車を買取業者へ売ろうと思う時に、消費税に関してはどのようになるのでしょうか。


一般的に、買取、査定額のほうに上乗せをして消費税をいただけることはないです。



車買取業者としましては、内税として査定額に消費税は含まれているというスタンスです。ただし、消費税の扱いに関しては曖昧なところもあるとは言えます。

買取の際に、値がつかなかった車も引き取りの際、廃車にするということも可能です。
この時には買取業者がそのまま引き取る場合と、廃車の買取専門業者へ受け渡す場合があるでしょう。

ナンバー返納の代行をやってもらえる場合もあり、廃車として処理するときに必要となる手数料をサービスしてくれる業者も多くあります。それだけでなく、自動車税や自賠責保険料の返納もありますので、いくらくらい経費が掛かるか、必要な書類は何かを、しっかり把握しましょう。あなたの車がいくらで売れるかは買取業者をどこにするかで差があり、一歩間違うと、その差がものすごい金額になってしまう場合もあります。

一社でなく複数の業者に査定依頼を出すべきなのはこういう事が生じるためです。複数の買取業者に対して査定してもらいたい時には査定が一括でできるという便利なサイトを通して行えば、あなたが思うより面倒な作業ではありません。
マイカーを売る時に必要なものの一つが、車検証です。しかし、査定のみなら、車検証を持ち込まなくても行う事が出来ます。

それは、査定は法的なものでないからです。


売買契約を結ぶ際には、必ず車検証を用意する必要があります。

車検証がなければ、登録抹消や名義の書き換えが行えないのです。買取で高値が付く車というと軽自動車がダントツです。

「最近では足代わりに安い車が欲しいというお客様が増えてきている」「そのまま店で代車として使うこともできる」と中古車買取業者が言っているのを聞いたことがあります。最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、意外にもファミリー層が買ってくれることもあるようです。
軽なら燃費が良い上に税金も大変安く、飛ぶように売れるので、買取査定で有利なのも頷けますね。車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほしいと思うのは当然だと思います。それなら手間をかけてでも、一社ではなく複数の業者さんに見積りを出してもらうほうがいいでしょう。

僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、もちろん鵜呑みにしてはいけません。初対面のお客様に、あえて値引きする業者さんなんて絶対ないだろう、ぐらいの冷静な気持ちが大切です。営業マンには複数の会社から見積りを取っていることを伝えて頑張ってもらい、これなら売ってもいいと思う業者を選べば良いと思います。父が14年ほど乗ったワゴン車を買い換えようと考えていました。
知り合いである車業者に、ワゴン車を見てもらうと、年数もずいぶん経っているし、劣化しているところもあるので、廃車にした方が良いのではと言われてしまい、買い取りをしてはもらえませんでした。しかし廃車にすると諸費用もかかるので、私の父はその車を査定業者へ引き取ってもらっていました。